通常ページに戻る

写真にマウスを合わせると説明がでてくるよ

ロウニンアジ

アジの仲間では最大級の魚で、水族館では1mくらいの個体を飼育しているよ。ひたいがやや張り出しているのが特徴だ。

クマノミ

イソギンチャクと共生する、スズメダイの仲間だよ。イソギンチャクには毒針があって、敵があまりよってこないんだ。クマノミ自身はねんえきで毒針から身を守っているよ。

ニセゴイシウツボ

全長が1mをこえる、大型のウツボ。するどい歯でタコなどを食べる。一見すると凶暴そうだけど、意外におとなしい性格をしているよ。

ハナミノカサゴ

長くのびたヒレが特徴の、きれいな魚。でも、このヒレには毒があるので、さされるととても痛む。危険な魚だ。

カゴカキダイ

水族館では、そうじ係として活躍している魚だ。というのも、この魚は、水槽で勝手にふえるイソギンチャクを食べる習性があるからなんだ。

クエ

若い時はメスで、大きくなるとオスになる、性転換をする魚だよ。白浜周辺では高級魚として知られているよ。

メジナ

釣りの対象として人気がある魚だ。水族館ではメジナ、クロメジナ、オキナメジナの3種を展示しているよ。

クサフグ

釣りをしているとよくこのクサフグが釣れるけど、筋肉にも猛毒があるので、絶対に食べてはいけない