Google
キッズページ リンク English

開館時間・入館料 アクセス・周辺地図

博物館実習

お問い合わせ
TOPページ > 施設情報 > 博物館実習 > 過去の博物館実習の様子
過去の博物館実習の様子
2021年度(京大)
 2022年12月6日〜10日の5日間、博物館実習を行いました。
 今年度は新型コロナウィルス感染症により予定が大幅に変更となったため、近畿大学からの学生1名との合同開催となりました。
 例年と同じくエサやりや水槽の掃除、機械のメンテナンスなどを行ってもらいました。
 また、白浜駅に設置している水槽の掃除や、タツノオトシゴのエサ用ヌマエビ類採集なども手伝ってもらいました。
 今回は第2水槽室濾過槽の逆洗浄を手伝ってもらい、使いにくいホースや力の必要なオール等を駆使して、濾過槽の砂をきれいにしてもらいました。
 地元の漁港で採集された魚類や無脊椎動物の収集や、クイズラリーの問題も作成してもらい、ユニークな問題を考案してくれました。

エサの準備(左)、濾過槽の逆洗浄(中央・右)。
力の必要な作業だが、皆頑張ってくれた。

228号水槽のガラス掃除(左)、エサ用アジの調餌(中央・右)。
   全員で力を合わせて様々な課題をこなしてくれた。

end
2021年度
 2021年10月25日〜29日の5日間、博物館実習を行いました。
 今年度は新型コロナウィルスの感染状況から日程が大きく変わってしまい、日程調整ができた北海道大学から1名の参加がありました。
 例年と同じくエサやりや水槽の掃除、機械のメンテナンスなどを行ってもらいました。
 また、白浜駅に設置している水槽の掃除や、釣り採集および採集された魚類の種同定も行いました。
 さらに、クイズラリーの問題更新や、タツノオトシゴのエサ用ヌマエビ類採集なども手伝ってもらいました。
 特に、クイズラリーの問題は一人で数多くの問題を作ってくれました。

エサやりの様子(左)、次の日のエサの準備(中央)、冷凍アジの調餌(右)。
一人でも手際よくこなしてくれた。

採集した魚類(左)、採集した魚の種同定(中央)、エサ用エビの採集(右)。
   フエダイ類やベラ類など、多種多様な魚を採集してくれた。

end
ページトップへ